活かされる経験/枕の向き|一覧その27|宮崎のカラーセラピー カウンセリングOrange 33、川野比呂子のブログ

 

 

ブログ

活かされる経験

公開日:2012年11月13日(火)

こんにちは

今日の宮崎市内は曇ったりsad晴れたりsmiley

ひんやりとした風も吹いています。

 

年末が近づき、「年末調整」とか「確定申告」などの言葉が聞かれるようになりました。

私は、この時期になるといつも思い出すことがあります。

 

大学を卒業して、最初の福祉の仕事に就くときのこと。

私は、障がいを持ったかたや子どもたちと接するというやりがいのある仕事に、わくわくしながら就職しました。

ところが私の職種は「事務職」。急に欠員が出て、現場の仕事ではなく、経理の仕事へ配置換えされてしまったのでした。

人ではなく、数字や書類と向き合う毎日。

「どうして私がこんなことをしなければいけないんだろう。」と紋々としていました。

おまけにハードな職場で、毎日遅くに帰る生活が続き、こんな日がいつまで続くのだろう、と希望を失いかけていました。

 

結局6年間、経理の仕事をしながら希望を出し続け、その後晴れて現場の仕事へと配置換えになりました

 

そのすぐに希望が叶わなかった経験は、私を大きく成長させてくれました。

配置が変わるまでの間、自主的に研修に参加して知識を増やしたり、ボランティアなどで経験を積んだりしたことで仕事に目的を持って携わることができました。

 

そしてなによりも、経理の仕事をしたことで、今、自分で帳簿をつけたり、書類を作成することができています

その時には、この経験が役に立つなんて、想像もしていませんでした。

 

もし、あのころの自分に会えたとしたら、ぜひ言ってあげたいです。

「今していることは、あとで本当に役に立つから!そして、やりたいこともできるようになってるから、もうちょっとだよ!」

 

きっと今の経験も、次の未来へと繋がっているのでしょうね。

そう思うと、一日一日を大切に積み重ねて行きたいですよね

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

 

 

 


枕の向き

公開日:2012年11月12日(月)

こんにちは

今朝も宮崎市内はポカポカとしていいお天気ですねsmiley

昨晩お部屋の配置換えをした私は、ぐっすりと眠り気持ちのいい目覚めの朝を迎えました

 

先日お友達から、「南向きに頭を向けて寝ていると気が強すぎて良くないらしいですよ。」という話を聞きました。

私は南北にベッドを置いていて、北枕は駄目だろうと思い、反対の南向きで寝ていました。

これまで、調子が良くないという意識はなかったのですが、何となくその言葉が気になって調べてみました。

 

この向きや位置というのは、風水の考え方のようで、諸説ありましたが、やはり南向きというのは方角でいうと「火」の方向にあたるので、ストレスがたまったりイライラしたりするそうですね。女性は冷え性にもなりやすい、と書いてあり、確かに私は布団に入ってもしばらく温まらずに毎年湯たんぽを使ったり靴下を履いて寝たりしていました。

方向については、目的に応じて変えるといいらしいですが、むしろ北枕で寝たほうが、リラックスできるということでした。

 

私は「美crying」に良いとされる東側を選び、配置を考えました。

そして凝り性なので、小物や家具の配置なども調べ、夜ごそごそと配置換えを行いました。

大体配置が決まり、最後に掃除機をかけていると、タンスの裏から、ホコリとともにお守りを発見

見ると「縁結び」「夢」と書かれたお守りで、私は思わず「これが一番問題だよ!!!」と自分に突っ込んでしまいました(笑)ごめんなさい、神さま

 

そして、改めて寝室全体を見ると、私の寝室にはピンク色が皆無だということに気が付きました

ピンク色は、女性らしさを引き出し、美しさや幸せな恋愛・結婚へと導いてくれる色です。

近いうちにカーテンやベッドカバーなどで取り入れて、幸せベッドルームを完成させたいと思います

 

新しい配置でベッドに入ってみると、不思議とポカポカしてきて、アッという間に眠りに落ちていったような気がします。

人生の三分の一は睡眠時間だと言います

あなたも寝る環境をもう一度見直してみては如何でしょうか?

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

 

 

 


 

 

 

Copyright © 2018 Orange 33 All Rights Reserved.