食べること/感情と向き合うこと|一覧その10|宮崎のカラーセラピー カウンセリングOrange 33、川野比呂子のブログ

 

 

ブログ

食べること

公開日:2013年06月02日(日)

こんにちは

6月、そして梅雨に入りましたねsurprise

 

雨だと何かと不便なこともあり、つい「早く終わらないかな~」と思ってしまいますが、この時期ならではの楽しみを見つけていきたいですね。

 

私は、最近とてもよく食べます(笑)

ご飯がとても美味しいのです

 

もう半年以上になるのですが、ある本に「1日2食と軽い運動」が勧められていて、それまで1日3食を徹底していた私は興味を持ち、試しにやってみることにしました。

(大人がやる分には構いませんが、成長期の子供さんはやはり3食しっかり食べることが大切だそうです)

 

もともと人間は1日1食しか食べていなかったそうです。

なんだか力が出なさそうですが、「ぐう~」っとお腹がなる瞬間に、脂肪が燃えてエネルギーが使われるそうです。

 

そういえば最近、お腹がすく、ということがあまりなかったなあ、と改めて思いました。

 

私たちはいつでも食べ物が周りにあって、いつでも口にすることができます。

 

学生の頃はよく授業中にお腹が鳴って恥ずかしい思いをしていましたが、社会人になってからはあまり記憶にない気がします。

 

1日2食というのは朝ごはんを抜きます。

私の場合は軽くコーヒーを飲んで出かけます

 

それからお昼までは食べません。

すると、午前中の集中力がとても出ることに気が付きました。

 

そして、お昼前になると「ぐう~」とお腹が鳴りだします。

(ここはしんどいですが、よしよし脂肪が燃えている、と思うと楽しいです

 

いよいよお昼ご飯。

これが、何を食べても美味しいのです。

まるで砂漠の植物が水を得るように食べ物が身体にしみわたっていきます。

今までなんとなく3食たべなきゃ、という義務感で食事をしてきた私は、食べる楽しみを今更味わっているところです。

 

あの50代で驚異の若さを保っている南雲ドクターも1日1食をすすめられていました。

今のところ体調、体重ともに問題ないです。

 

あなたも、食べる楽しみを改めて味わってみませんか

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

 

 


感情と向き合うこと

公開日:2013年05月26日(日)

こんにちは

宮崎市内は昨日からの雨もあがり、次第に明るくなってきましたsmiley

 

最近は日差しがめっきり夏らしくなり、じりじりと照りつけてきますね

気が付けば5月ももう最後の週となりました。

 

私はカラーセラピーをさせて頂くときに、「今、選んだ色は自分のなかで未消化な感情を表しています」とお伝えするのですが、私たちは自分のなかで処理できていない感情や思いがあったとき、それはトラウマやストレスとなって残ります。

そのときにしっかりと自分の感情を味わい、認め、許したものは一時的にはつらくても残ることはありません。

 

ですが私たちはなかなか自分の感情と向き合うことは容易ではないと感じます。

 

特に「こういう感情を抱いてしまってはいけない」と禁止している場合です。

 

たとえば「怒り」。

人に対して怒りをあらわにしてはいけない、嫌なことを言ってはいけないー。

そう無意識で思っていると、いざというとき、怒りという感情はさっと押しこめられ、思いとは違う行動をとります。

怒りは二次的感情と言われ、その向こうにもう一つの感情があるといいます。

それは寂しさであったり甘えであったり。

 

 

もしも怒りの向こうにある感情に気が付いたとき、その部分にそっと触れてあげてください

泣きじゃくる小さな子供に話しかけるようにやさしく。

 

向き合うことは決して自分を痛めつけたり責めたりすることではありません。

 

ただ静かに耳を傾けるーそれが向き合うということ。

そしてそれはやがて自分自身を癒すことにつながります。

 

一人ひとりが出来ればきっと世界は優しくなりますね

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございましたkiss

 


 

 

 

Copyright © 2018 Orange 33 All Rights Reserved.